ja
PREV
NEXT

芸術と文化

勇壮なケチャダンスや聖獣バロン劇など、ヒンドゥー教と独自の古代文化が融合したヒンドゥー・バリ文化が浸透した島の暮らしは、訪れる人に感銘を与えることでしょう。バリ島では祈りを芸術のかたちで表現します。島では毎日のようにどこかで神事や祭りが行われています。家々の門口には 信仰の対象であるアグン山を表す、先に錘りをつけて弓のようにしならせた竹竿ペンジョールが飾られ、町のいたるところにチャナンと呼ばれる神々へのお供え物が置かれています。

バリ島では210日を一年とする伝統的なワク暦・サク暦にしたがって3月にお正月を祝います。大晦日、ニュピ前日には鬼をかたどった張りぼてのオゴオゴが通りを練り歩き、ヒンズー寺院では伝統的なガムランが演奏されます。人々は夜通し、なべ釜やクルクル・ベルを打ち鳴らし、鬼を追い払います。そして夜明け。バリ全島が静けさに包まれます。何もせず、静かに過ごすことで、鬼や悪霊にこの島が無人島だと「思い込ませ」、去ってもらうことが目的。これでまた平和な一年が過ごせるのです。

バリ島の伝統を体験し、The Legian Baliの静かな環境で瞑想的なニュピをお過ごしください。

Kecak Dance – The Legian Bali

芸術と文化

文化の交差路

バリ島にはいくつもの質の高いミュージアムがあります。日中の暑い日差しを避けて、文化・芸術をお楽しみください。中でも必見なのが、スペイン人アーティスト、ドン・アントニオ・マリア・ブランコが設立したウブドのザ・ ブランコ・ミュージアム 。また、デンパサールにあるバリ・ミュージアムは島の歴史と進化をわかりやすく解説しています。バリ島や海外アーティストの作品を多数収蔵するウブドのネカ ミュージアム  もおすすめです。