ja

創立者

LHMの起源は、The Legian Bali 所有者である、Robby Djohan、GHM (General Hotel Management Ltd.) の共同創立者、Ralf Ohletz、インドネシアにおける実業家の草分け的存在、Irma Djohanの出会いに始まります。LHMは、傑出したサービス、オーセンティックなおもてなし、建築的なイノベーション、そして大自然の美しさに対する三人の妥協を許さないビジョンをもとに生まれました。

Robby Djohan

インドネシアきっての実業家。1968年にシティバンクに入社し、企業経営に関わるキャリアの第一歩を踏み出す。その後1976年にニアガ銀行に移り、1982年には同行の社長に就任。インドネシアで一番小さかったニアガ銀行を同国第二の民間銀行に成長させた立役者として知られる。アジア金融危機の際には、インドネシア政府に要請され、同国のナショナルキャリア、ガルーダ航空の再建に携わる。8ヵ月間の任期中、同社の収益性とともにブランドイメージが大きく改善される。一年後にはIMFとインドネシア大統領の要請により、同国の国立銀行4行を一つにまとめる複雑な財務再建合併事業に辣腕をふるう。その結果生まれたマンディリ銀行は現在ではインドネシア最大かつ最も収益性の高い銀行である。グローバルなファイナンス、ビジネスにユニークな視点を持つことで知られ、The Art of Turn Around、Leading in Crisis、Lead to Togethernessの3冊のビジネス書を上梓。ホスピタリティ業界にもビジョンをもち、1966年からGHM のThe Legian Bali開発に協力、現代先端のスタイル、サービス主導のブティック型ラグジュアリー・ホテル・リゾートとしてGHMブランド確立に大きく貢献する。2016年5月、ジャカルタにて逝去。

LHMで働くすべてのスタッフは、旅慣れたお客様に、オーセンティックで最高品質のテイラーメイドサービスをご提供するため、日々努力を重ねています。

経営役員

Ralf Ohletz

コーネル大卒。シンガポールのザ・オリエンタル、香港のマンダリン、ニューヨークのザ・ピエール等を含む世界の主要ホテルで経験を積んだ後、 アマンリゾーツ創業者Adrian Zecha とのコラボレーションを開始、ザ・スコータイ・バンコクやザ・ボーフォート・サントーサ等、スタイリッシュなホテルの創出に関わる。1992年にZechaがHans R. Jenniと設立したGHM (General Hotel Management) に参加。マレーシアのザ・ダタイ・ランカウイ、オマーンのThe Chedi Muscat、インドネシアバリ島のThe Legian Bali、米国マイアミのザ・セタイ・マイアミ等、世界的に有名なブティックホテルの運営に携わる。エレガントなテイストと若手芸術家や工芸職人の養成には定評があり、LHMでは経営役員会を率いる。

代表取締役

Irma D. Djohan

ジャカルタ出身。シドニーのニューサウスウェールズ大学財務金融学修士課程卒業後、インドネシアに戻り、金融業界でのキャリアを開始。ニアガ銀行のリスク管理部門を経て、ダナモン銀行のプライベートバンキング顧客部長に抜擢される。その後、その管理手腕を起業にも拡大し、Bali Widya DirgantaraのCFOを務める傍ら、2009年にはインターナショナル・フライト・アカデミーをバリ島に設立。同校では、ガルーダ航空、エアアジア、シティリンク、ライオンエア等、拡大を続けるアジアのリージョナルエアライン向けに、現在までに550人を超すプロフェッショナルパイロットを養成している。企画からコーポレート・インフラ、財務計画、セールス・マーケティングまで広い領域を網羅する事業経験を有し、LHMでは取締役に就任。